与えすぎているから結婚できない

いきなりですが、彼氏がいて同性していたとしても結婚できない人は、こんな考えになってはいませんか?

  • 「もっと彼のために尽くしたい」と思ったことがある。
  • 「彼がプロポーズしてくれないのは、私の努力が足らないから」と思っている。
  • 「結婚生活において性行為のテクは重要である」と思っている。
  • 「同棲して相手のことをよく知れば、自然と結婚につながる」と思っている。

このように結婚まで発展しない女性は「与えすぎる女」になっている可能性があります。

「与えすぎる」とは、彼氏と結婚したいと思っている女の人が、その彼氏に色々と世話をし過ぎてしまうことをいいます。

「彼の喜ぶ顔が見たい」「自分にできることがあるなら、なんでもしてあげたい」「彼のためになりたい」という素敵な動機。好きならば当然の行為に見えます。

受験勉強にしても、仕事にしても同じですね。勉強すればするほど合格する確率が上がりますし、仕事も一所懸命やればやるほど、上司から認められることになります。

「がんばれ!」という励ましの言葉に象徴されるように、がんばればなんとかなると思っていても仕方がないところです。

ところが、恋愛は逆。間逆。現実には、女性ががんばって、男が欲しがるものを与えれば与えるほど、彼が遠くに行ってしまう、これが真実です。

会社でも同じではありませんか。あなたが一所懸命がんばり、上司の評価が上がる。ここまでは良いのですが、そのうち、上司は、あなたががんばっていて優秀である前提で仕事を回すようになる。そうすると、さらに仕事がたくさん来る……。仕事ができる人であればあるほど、仕事が増えていくということになります。でも、仕事の量が少ない人と給料が同じだったりすると、「何のためにがんばってるんだろう?」と疑問を抱くようになるはずです。

彼の心理状態はこれと同じ。最初は与えられてうれしい。でも、そのうち与えられるものがあるという前提で考えてしまう。したがってうれしミも徐々に減少してくる。

あなたはうれしさの減少を見たくないから、さらに多くのうれしさを与えようとする。それもまた当り前になる。そのうち、与えるものがなくなって飽きられてしまう……。

とくにプロポーズをしてもらいたい女性が、結婚後に与えるべきものを結婚前に与えることが問題です。

男が結婚に求めるものは、定期的な性行為、料理上手、子育て能力、家事能力などです。これらは結婚前ではなく、結婚後に与えられるべきもので、結婚前に手に入らないからこそ、結婚へのインセンティブが出てくるというものです。

ところが昨今の恋愛事情、子どもという財産を除けば、性行為と料理を恋愛時代に提供する女性が増えています。

確かに、男はこの2つが大好きです。与えられれば、満足します。しかし、結婚前に性行為と料理を与えると、結婚へのインセンティブがなくなってしまうことも事実です。

したがって、与えれば与えるほど、結婚が遠のいていくことになります。

他方、女性の心理としては、がんばればなんとかなるというふうに教えられてきていますから、「彼からプロポーズがないのは自分の努力が足らないから」とか、「彼にもっと尽くせばプロポーズしてくれるだろう」と思ってしまうようです。本当は逆の心理になっているにもかかわらず……。

結婚を考えるのであれば結婚前に与えすぎてはいけないのです。また婚活がうまくいかない時も一緒で、与えすぎてはいけないのです。

男の心理を理解することが結婚に辿り着く近道なのかもしれません。

 

Posted by sevoja

分子整合栄養医がすすめるダイエット

私の知り合いの人の腹囲は85mを完全にオーバーしており、いわゆるメタボリックシンドローム(メタボ)状態と言えました。

しかも血糖値とグリコヘモグロビンの値が高く、明らかに糖尿病でした。また中性脂肪や脂肪肝などで上昇するγ-GTPも高い状態。

そこで、マルチビタミンミネラルを含んだダイエット用のプロテインパウダーを1日2回、昼食と夕食時に飲み、脂肪、糖質、白米などの炭水化物の摂取を減らし、1日あたり約400キロカロリーを制限してもらうことにしました。

そうしたところ、順調に体重が減って、減量開始から3ヵ月後の血液検査では、すべての項目が大幅に改善していました。減量は、その後も1ヵ月に1㎏強のペースで順調に進み、6ヵ月後には計7㎏強の減量に成功しました。

この人が行なった減址は、1ヵ月に1㎏強の体重を落とすというものでしたが、ペースとしては綏やかなもので、ストレスも少なく長続きしますし、健康的かつ確実に体脂肪を減らせる方法です。このペースを超えると、脂肪以外の組織(筋肉、水分)まで減らすことになってしまい、一時的に体重を減らすことはできても、リバウンドする可能性が高くなります。

内臓脂肪は糖尿病、高血圧症、虚血性心疾患などの原因になるので、内臓脂肪の多い方にとって減量することは非常に重要なことです。しかし、急激な減量は危険です。

太っている人が無理なダイエットで急激に脂肪を燃焼させると、中性脂肪から分解してできた遊離脂肪酸が血中に大幅に増え、心筋梗塞を引き起こす原因になりかねません。どうかみなさん、気をつけてください。

 

Posted by sevoja

結婚する為にはとにかく行動

結婚とは人生の中で1位2位を争うほどの一大イベントです。
故に慎重になるのは当然の事でしょう。

しかし、慎重になりすぎて婚期を逃してしまう方も多くいます。

年齢を重ねれば重ねるほど出会いの場を作り出すのは難しく、恋人すらできなくなってしまう場合も多々あります。

若い頃は自分から行動しなくても自然と出会いの場があったかもしれませんが、年齢を重ねるとそうもいきません。

昔のように待っていてはいけません。
とにかく行動に移しましょう(^^)

しかし行動に移すと言ってもなにからすればいいのか意外とわからないものです。

今はインターネットの普及により、サイト上でも出会いは可能ですが、やはりなるべくなら直接相手に会って話しをしてみてから交際、結婚に発展させたいと思うのは当然でしょう。

そんな方へ私からお勧めする出会いの方法は、一人で居酒屋やBARに行くことです(^o^)

意外と知らない方が多いのですが、居酒屋やBARは出会いの宝庫です。

行ってみればわかると思いますが、一人でお酒を飲んでいる女性や男性が多くいます。

そんな方の中には少なからず出会いを求めている人もいるのです。

私は職場関係でも友人関係でも恋人が作れる環境ではありません。
なので毎回一人飲みをしに行き、一人で飲んでる異性に話しかけることで恋人を作ってきました。

居酒屋やBARで知り合った人と結婚まで発展するの?
と思う方もいると思います。

しかし結婚まで発展する事は可能です。

問題は最初に話しかける時に相手に結婚願望があるのかどうか確認することです。

初めて知り合った相手に結婚願望があるかどうか確認するなんて、ちょっと難しいと思うかもしれませんが、ここが居酒屋、BARでの出会いの強みなんです。

お酒を飲む席での出会いなので、お互いお酒の力を借りれば意外とスラスラ聞けてしまうものです。

もしも相手に結婚願望があるようでしたら、こちらからも結婚願望がある事をアピールし、相手との意思の疎通をしてください。

将来結婚する相手と出会う場所は、思っている以上に近くに転がっています。

とにかくまずは行動しましょう。

待っているだけでは結婚は出来ません。

あなたの行動が必ず幸せな結婚生活を生み出します(^-^)

 

Posted by sevoja

結婚するにはまず出会いを作ることが大切です

女性は30代に突入すると結婚に焦る方が一気に増えてきます。なぜなら、周りの同年代の友人が幸せな結婚生活を始めたり、出産したりするのを目にするようになるからです。

20代のときは幸せな家庭を築いている友人を見ても、「まだまだ」と思っていた女性も、30代に突入するとだんだんと「結婚できるのだろうか?」と不安になってきます。30代で結婚したいのになかなか結婚できないという方は、出会いがないと嘆いている方も多いですね。

やはり結婚するには出会いは必要です。

本気で結婚を考えているなら、待っていても現状は変わりませんから、積極的に自分から出会いの場を作っていきましょう。

婚活パーティーに参加するのもおすすめですが、婚活パーティーは結婚への一番の近道のようなイメージがありますが、積極的な女性ならおすすめですが、あまり積極的でない女性には不向きです。

また最近話題の街コンも20代の若い女性の参加が多いので、30代の女性は不利になることが多いのです。

そこで30代の女性におすすめの出会いは、SNSの婚活サイトを利用する方法です。SNSの婚活サイトは、自分が好きな時間に登録できるので仕事が忙しい方にもピッタリで、たくさんの男性が登録しているため、出会いが広がります(^^)

いくら結婚したいからといってもどんな男性でもOKというわけではありませんよね。SNS婚活サイトでたくさんの男性と出会い、結婚を前提に愛を育んでいきましょう。

とにかく結婚したいのであれば、1日でも早く男性との出会いの場を作ることが大切です。

先延ばしにすればするほど、自分の年齢も上がってしまいます。残念ながら年齢は若いほうが男性から選ばれる可能性が高くなります。これは収入が高い男性のほうが女性に選ばれるのと同じですね。

また男性への理想が高すぎるとせっかく出会いがあっても、結婚にまで至りません。

容姿や年収、学歴などのステータスだけで判断していては、結婚しても結婚生活がうまくいかない可能性が高いので、一緒にいて安心感があるか、金銭的な価値観が合うかなど、中身で判断するようにしましょう(^_-)-☆

婚活の時の出会いの場の情報や、婚活での考え方なんかは仙台で婚活を成功させるためには?っていうところがとても参考になります。

結婚のためには出会いを作ること、そして、考え方がとても大事になってくるんですよね。

 

Posted by sevoja

読書嫌いの私が3時間もいたなんて

たまに時間があると家でパンを焼くのが趣味な私、でも何度やってもうまくいかないことも少なからずあって、そんな時は誰かにすがりたくなることもあります。

困った時はやっぱりネット検索、と言うわけでいろんな情報を探してみました。

だいたいのケースはそれでヒントがあるので先に進めるのですが、今回だけはどうもうまくいかないのです。

大きな課題はクロワッサンが膨らまないことでした。

まあ自宅の台所ですしオーブンも業務用なんかじゃない、だから温度管理の問題もあるかなあなんて思っていましたが、たまに上手に作ってらっしゃるブロガーさんもいるみたいですし、やってやれないことはないとも思います。

壁にぶつかって挫折を繰り返す。

それはそれで楽しいのでいいのですが、一度失敗してすぐ作り直せないのがもどかしいところなのです。

仕込みで一晩かかりますから再挑戦するならまた翌日になりますし、それまでリベンジのチャンスがないのはイライラします。

外出して珍しく本屋に立ち寄りました。

私自慢じゃないけど読書が苦手、本屋で時間つぶしはしますが正直そんなに本を読みたくて来ることはないのです。

でもその本屋さんは料理コーナーがやけに充実していました。

パッと見回しても読んでみたくなるような料理本がいっぱい、もちろんパンの本をまず手に取りますが横目に他のも気になります。

ケーキの本、おかずの本、器の本、全部買ったら何万円あっても足りませんね。

ちょっとづつ目を通していたのですが、気がつくとなんと3時間が経過していました。

多分こんなに長くいたのは初めてで、帰り際店員さんの目がちょっと呆れてるように見えましたが、それにしても改めて本の面白さ、楽しさを再認識しました。

もちろんネットも情報が多くていいのです。

今や本だってパソコンやスマホで読む時代ですし。

でも私は時代遅れと言われても紙でできた本がいいなあと思いました。

きっと好きか嫌いか、また慣れもあるのでしょうが、たまには本屋で立ち読みもいいなあと思いましたね。

目移りし過ぎて集中できずに結果パンの課題は解消できず、まあいいでしょう、楽しかったですから。

 

Posted by sevoja

江ノ島のバーベキュー

私は最近誕生日を迎えました。独身で、実家住まいです。とあるSNSのコミュニティで活動しており、ゴールデンウィーク中そこのオフ会で江ノ島にバーべキューに行きました(*^-^*)

既婚者、バツありの人々、年齢的にはアラフォー以上の人々がほとんどを占めるコミュニティで、私はどちらかというと一番若い年齢層です。年上の人々に可愛がってもらっている感じです( *´艸`)

バーベキューはレストランの屋上でやるもので、お店側がテーブル、道具、食材一式を全て用意してくれるので、参加者は手ぶらでお店に来て、材料を焼くだけです。

当日の参加者は、部長(湘南のサーファー男子です!)と、私含めて男性が5人、女性が4人というメンツでした。私は一番若いので、肉焼き係を自ら申し出ました(^^)/

肉と野菜をバランス良く焼き、火力の弱さと当日は曇り空で寒かったのでたまに生焼けになるのに苦戦しつつみんなに肉、野菜をサーブしていきます。お酒も飲み放題で、2時間で缶ビールを2缶開けました。これ私にとってはスゴイことです(笑)

焼くのと食べるのが楽しく夢中になり、飲み放題の時間がラストオーダーとなった直後、店員が突然やってきて、テーブルに一つのお皿を置いてバースデーソングを謳い始めました!お皿には、ケーキとフルーツと「Happy Birthday」の文字が!

私は30秒くらい経って、それが自分を対象としていることに気づきました!そう、思えばあとちょうど10日で誕生日…完全にサプライズでした( ;∀;)

私は昔からあまり友達がおらず誕生日を祝ってもらったことがほとんどないので、とても感動!部長の発案だそうで、もう今後は部長に足を向けて寝られない感じですね( ;∀;)

私くらいの年齢になると、結婚や就職など、日本における一つの節目のように扱われることが多いように感じます。その節目に、一生残る思い出ができました!今後もこの感謝を胸に、コミュニティを盛り上げていきたいです(*’▽’)

 

Posted by sevoja

たこ焼き研究

和食のファーストフードといえばお好み焼きとか焼きそばとかいろいろありますが、個人的にナンバーワンはたこ焼きですね。私は大のたこ焼き好きで、いろんなお店のたこ焼きを食べたことがあります。すごくおいしいんですが、少々値段が張るのがネックですよね。

かなり以前のことですが、近場にあったお気に入りのたこ焼き屋さんがやめてしまったためおいしいたこ焼きが食べられなくなったことがありました。他のたこ焼きはどれもいまいちや物足りないものばかり。それなりの値段がするのだからやっぱりおいしいものが食べたい。そう思ったので私は家でたこ焼きを作ることを家族に提案。たまに作ってみるならいいだろうということで、さっそくたこ焼き研究を始めました。

16個焼けるたこ焼きプレートを買って携帯用ガスコンロを使って試作する日々。いつの間にか私より母の方が夢中になっていて週に一度くらいは作って研究していました。そのかいあって成果は上々。だんだんとおいしくなっていきました。焼き立てをその場ですぐに食べられるという利点もあるので、その点を含めればそこそこのお店には負けないくらいの味になりました。

そうこうしながら3か月ほどの時間がたったころ、ついに満足のいくたこ焼きレシピができました(^^)!お店の味とはだいぶ違っているんですが、これが我が家のたこ焼きだと言えるくらいおいしくできました。材料費もそれなりにかかるのですが、おいしいものを食べるためなんだから惜しんでいられません。とにかく大好きなたこ焼きが自宅で作ってもらえるということに私はすごく喜びました。

それからさらに工夫を加えたのが食べ方。一般的なたこ焼きソースだけでなく、大根おろしと出汁のつゆをかけて食べてみたり、たこ焼きをおかずにおにぎりを食べたりしてみました。これがまたおいしい(^^)!おにぎりを食べればたこ焼きを作る量を減らせるので材料費も削ることができるというのも大きな魅力です。

ただ残念なことに、この時のレシピはなくしてしまいました。引っ越しの時に間違って処分してしまったんだろうと母は言ってました。もったいない(><)!また一から研究することを提案しましたが、母はすでにたこ焼きブームが過ぎてしまったらしく、了承されませんでした。ああ、もう一度くらいあのたこ焼きを思いっきり食べたかった(><)。

 

Posted by sevoja

便秘と無縁な生活を送りたい

物心ついてからこのかた、便秘と無縁で生きてきた記憶がないくらいの筋金入りの便秘人生を送っています。毎日どころか3日に一度のお通じがあれば「合格」などという頑固さで、今でもそれは変わっていない状態です。(-“-)

自分の最も古い記憶では幼稚園の頃、登園前にお手洗いが済ませられず、自宅のトイレで缶詰めになっていたという「実績」があります。そのために立て続けに何日も遅刻して恥ずかしい思いをした後、3日に1度は幼稚園まで親に送ってもらうはめになりました。ですが、そんな甘い親だったおかげで、登園に自力で行かなくても良いといううま味を覚えてしまい、わざとトイレにこもって時間をつぶすなどの知恵をつけたのもこの頃だったと記憶しています。(^_^;)

その後の小学生から大学生までの学生時代でも、登校前にお通じの用を済ませたことは記憶にないに等しいです。今から思うと、その頃の便秘の原因は身体の緊張からきていたものだったかもしれませんが、単に学校が好きではないというのも大きな原因になっていたように思えます。お通じの手際の悪さを理由に、少しでも学校に拘束されている時間を少なくしたい、と思ってわざと遅刻したこともないとは言えません。大した時間潰しにはなりませんでしたが。(~_~;)

ですが年齢を重ねるにつれて、便秘の辛さを、身を持って知ることにもなりました。まず、お腹がぺたんこになったという経験がありません。特に肥満体どころか、太っていたというわけではないのに、お腹だけは「ふくよか」でした。また学生の頃すでに、便秘のせいで身体のむくみがひどくなり、下半身の冷えに悩まされる体質ができあがっていました。

そして、今でも続いている不快な症状なのですが、生理の時の腹痛に、痛みの後押しをするようなお腹の膨れ方をすることがしょっちゅうあります。キューピー人形のお腹のように、胃の部分から下腹にかけてポコンと膨れるのです。(>_<)これが食べ過ぎなどで膨れるのならともかく、お通じの頻度が少ないせいで膨れる結果につながっていないかとも思うわけです。胃腸の動きが鈍いせいで老廃物がたまりやすく、お腹の膨れや身体のむくみや冷えにつながっているのはおそらく勘違いではないはず、と、日々「良い」とされている便秘解消の方法を試しては挫折、の繰り返しの切ない人生が続いています。(:_;)

 

Posted by sevoja

ちょっとした気分転換にバスソルトを

バスソルトって癒されますよね。

バスソルトは塩で作った入浴剤です。エッセンシャルオイルなどを加えてあるものが多いですね。

塩を入れたお風呂は温浴効果が高くなります。実際にバスソルトをお風呂に入れてみると実感できると思いますが、発汗が多くなるし湯冷めしにくくなりますよ。温浴効果が高いので、のぼせないように注意が必要なほどです。あったまりますよ(#^^#)

バスソルトは塩とエッセンシャルオイルを用意して自分で作るのも楽しいですし、市販のものを使うこともできます。

市販のバスソルトで私が気に入っているのはドイツのクナイプ社のものです。

クナイプ社はハーブの力を活かした製品を作っていて、バスソルトのほかにハンドクリームや美容オイルなどもだしています。

クナイプのバスソルトは2億5000万年前も昔の古代の海水を精製した岩塩を使っているそうですよ( ..)φメモメモ

クナイプバスソルトの魅力のひとつは豊富なラインナップですね。つい先日もドラッグストアでクナイプの棚を眺めてきたのですが、「ローズ&カメリア」「ザクロ」「ジンジャー&シトラス」「ホップ&バレリアン」などいろんな種類が並んでいました。

ドラッグストアの棚には香りを確かめる用の小さなボトルが置いてあります。10種類以上の香りを試して、今回選んだのは「パイン(松)&モミの木の香り」です。森林浴しているような爽やかな針葉樹の香りがします。

バスソルトを入れると、毎日の入浴時間がささやかなご褒美タイムになりますね。いろんなバスソルトや香りを試すのが私の日課です。

季節限定などで新しい香りを発売してくれるクナイプは私の入浴タイムを盛り上げてくれます。

ただ、クナイプのバスソルトは結構はっきりした色がついているのがちょっと気になりますね。「パイン(松)&モミの木の香り」は綺麗なみどり色でした。きれいな色なのですが、着色料でつけているのかと思うとちょっと抵抗感が((+_+))

色をはっきりつけないと商品としてはヒットしないのでしょうか。

バスソルトは自分で作ることもできますが、クナイプなどから出ているバスソルトは香りの組み合わせがプロならではの発想で面白いです。

ちょっとしたお小遣いで買えて気分転換になりますよ。よかったら試してみてください(^_^)/

 

Posted by sevoja