読書嫌いの私が3時間もいたなんて

たまに時間があると家でパンを焼くのが趣味な私、でも何度やってもうまくいかないことも少なからずあって、そんな時は誰かにすがりたくなることもあります。

困った時はやっぱりネット検索、と言うわけでいろんな情報を探してみました。

だいたいのケースはそれでヒントがあるので先に進めるのですが、今回だけはどうもうまくいかないのです。

大きな課題はクロワッサンが膨らまないことでした。

まあ自宅の台所ですしオーブンも業務用なんかじゃない、だから温度管理の問題もあるかなあなんて思っていましたが、たまに上手に作ってらっしゃるブロガーさんもいるみたいですし、やってやれないことはないとも思います。

壁にぶつかって挫折を繰り返す。

それはそれで楽しいのでいいのですが、一度失敗してすぐ作り直せないのがもどかしいところなのです。

仕込みで一晩かかりますから再挑戦するならまた翌日になりますし、それまでリベンジのチャンスがないのはイライラします。

外出して珍しく本屋に立ち寄りました。

私自慢じゃないけど読書が苦手、本屋で時間つぶしはしますが正直そんなに本を読みたくて来ることはないのです。

でもその本屋さんは料理コーナーがやけに充実していました。

パッと見回しても読んでみたくなるような料理本がいっぱい、もちろんパンの本をまず手に取りますが横目に他のも気になります。

ケーキの本、おかずの本、器の本、全部買ったら何万円あっても足りませんね。

ちょっとづつ目を通していたのですが、気がつくとなんと3時間が経過していました。

多分こんなに長くいたのは初めてで、帰り際店員さんの目がちょっと呆れてるように見えましたが、それにしても改めて本の面白さ、楽しさを再認識しました。

もちろんネットも情報が多くていいのです。

今や本だってパソコンやスマホで読む時代ですし。

でも私は時代遅れと言われても紙でできた本がいいなあと思いました。

きっと好きか嫌いか、また慣れもあるのでしょうが、たまには本屋で立ち読みもいいなあと思いましたね。

目移りし過ぎて集中できずに結果パンの課題は解消できず、まあいいでしょう、楽しかったですから。